カテゴリ:夏 6~8月( 9 )

蒸し暑い日の岩屋山

登ったのは8月16日ですから、ずいぶん遅いレポになってしまいました。
ので、簡単レポで~ なんちゃっていつものことだけど。
本日は堤コース。このコースはへびちゃんもいっぱいですが、本日は幸いなことに出くわしませんでした。小さな流れが心地よい。
c0256558_21311839.jpg

山頂へは今日は一気の正面道を選択。一気に汗ダラダラ。
c0256558_2132692.jpg

いつも賑やかな山頂ですが、雨予報だったためか、この暑さのためか、人影はまばら~
c0256558_21324249.jpg

一休みして、十郎まで足を延ばすことにしました。十郎の途中の道は岩が積み重なった道。足を挟まないように気を付けながら歩きました。
c0256558_21341725.jpg

曇っているけど、岩の上から見ると吸い込まれそう~
c0256558_2135058.jpg

下山後見上げる十郎岳の岩場。
c0256558_21354249.jpg

今日はノヒメユリちゃんにも会えたし~
c0256558_21361191.jpg

オミナエシも咲いていたし~
c0256558_21363523.jpg

秋近し~
[PR]

by yamasoyo | 2015-08-21 21:37 | 夏 6~8月

ちょっとだけ登山

そんなに暑くないのでいいけど、まあよく降る雨です。晴れと天気予報で言っていても、すっきりとはせず~ それでもやっぱり出かけなければ、体がなまる。鉛色の空ではありますが、ちょこっと登山です。
家の周辺にもたくさんのねむの木がありますが、岩屋山にもいっぱい。きれいな色です。
c0256558_9541348.jpg

ねむの花はきれいだけど、景色はやっぱり灰色です。
c0256558_9545331.jpg

フナバラソウは咲きそろい、葉っぱの葉脈が目立ってきました。血管のようだね。
c0256558_9554913.jpg

ナガサキマンネングサはいっぱい咲いています。
c0256558_9562272.jpg

絶滅危惧種のタシロランも咲いていますが、薄暗くてうまく撮れません。
c0256558_9571548.jpg

ようやく撮れた一枚。この欄は近郊の山にも案外ひっそり咲いています。葉緑素を持たないので、ギンリョウソウのようなものでしょかね~
c0256558_9591872.jpg

短時間の山でしたが、歩けただけでもいいかな~
本日のルート
c0256558_102530.jpg

グラフ
c0256558_1022674.jpg

[PR]

by yamasoyo | 2015-07-07 10:03 | 夏 6~8月

梅雨の合間に

本日も夕方からは雨予報です。どんよりした空ではありますが、雨の降る前に出かけることにしました。夜は出かける予定もあるので、近場の岩屋山へ~

岩屋の大滝は、梅雨とあって轟々と音を立てていました。
c0256558_8592071.jpg

ナンバンキブシの実が大きくなっています。これからどうなるのかな?
c0256558_8595919.jpg

チングルマもとってもきれい! って、ノイバラの花だけど、バラ科だから同じでしょう。笑
c0256558_905754.jpg

フナバラソウが顔を出していました。少し恥ずかしそうです。
c0256558_913037.jpg

ナワシロイチゴのおちょぼ口のピンクがかわいいねえ。
c0256558_942139.jpg

しかし、道は薄暗く~
c0256558_94441.jpg

ちょっとした岩場も苔がついていると滑りやすく、用心用心。
c0256558_95237.jpg

ムヨウランも出ていました。この地味なランは、無用だからムヨウランかと想像していましたが、よく見ると葉っぱがない。もしかして無葉蘭?。帰って調べるとやっぱり無葉蘭でした。そうだよね~ 無用な蘭なんてつけるはずないよねえ。笑 ムヨウランにはいろいろ種類があるようですが、これはウスギムヨウランかな。
c0256558_995485.jpg

お滑り注意報に用心して歩いた岩屋山でした。
[PR]

by yamasoyo | 2015-06-10 21:53 | 夏 6~8月

台風の風の中で

台風は直撃ではないのですが、それでも不安定な空模様。晴れたり曇ったり・・・ それで、近場の岩屋山に登ってみることにしました。
久しぶりに歩くと、ヤブランがお出迎え。
c0256558_1545636.jpg

ノシランも咲いています。
c0256558_1546346.jpg

イヌビワもいっぱい。3cmぐらいある大きなものもありました。こうやってたくさんあると、なんかかわいくて。
c0256558_154925.jpg

近道しようと思って藪に突入すると、おや~ 風流人がいるようです。
c0256558_15495998.jpg

林道は夏草に覆われているところもあります。
c0256558_1550312.jpg

センニンソウも咲いていますが、これは毒があったような~ キンポウゲ科だもんね。
c0256558_1552408.jpg

見ると空は台風の影響で不思議な美しさ。まるで絵画のような・・・
c0256558_15533978.jpg

空はめまぐるしく変わります。厚い雲に覆われたかと思うと、まぶしい光が降り注いだり。
c0256558_155775.jpg

山頂から見る景色もいつもと違って見えました。
c0256558_15573827.jpg

今日は夏の花がたくさん咲いていました。コオニユリ。
c0256558_15581648.jpg

ノヒメユリ。
c0256558_15584915.jpg

キンバイザサ。
c0256558_1559123.jpg

そしてお目当てのヒオウギ。
c0256558_15594149.jpg

楽しい散歩でした。
[PR]

by yamasoyo | 2014-08-09 16:00 | 夏 6~8月

雨上がりに一登り

烈暑の毎日が続いていましたが、この数日の雨でずいぶん過ごしやすくなりました。今朝も雨が降っていましたが、午後からは上がりそうなので登ることにしました。

コースはいつもとは違う滑石からの道。この尾根を歩くのは本当に久しぶりです。きれいですね~
c0256558_8312342.jpg

山頂は22度。気持ちいい~ お昼寝でもしたくなります。
c0256558_8315815.jpg

オミナエシが真っ盛り。背後の空は秋の色です。
c0256558_8324638.jpg

2時間30分のちょい登山でしたが、気持ちのいい山でした。
[PR]

by yamasoyo | 2013-08-27 08:33 | 夏 6~8月

山は秋

夜明け前に目が覚めたのですが、眠い・・・ ともう一度寝て、そしてまた起き上がり~ しかし、外はまだ薄明り。ずいぶん夜明けが遅くなってきました。さてさて~ 鬼(ワンコ)の起きぬ間に一登り。

山道は先日よりは涼しい気がします。休むことなく一気に山頂へ。ガスもかかっておらず、ぼやけてはいますが街も見えます。真ん中ぐらいが稲佐山で、その向こうは八郎山系。
c0256558_9344446.jpg

今日はお盆の中日。山頂はだれもいません。こんな日に登るのは暇人しかいません。笑 しかし、下山途中には登山者が・・・ 好きねえ~ お互いに。
海を見ながらコーヒータイム。この時間がいいんだよねえ~
c0256558_9371644.jpg

ケルンもずいぶん年季が経ってきました。夏草に覆われるかも。
c0256558_9382478.jpg

さてさて~ 今日も寄り道いっぱいです。
こちらはヒキヨモギ。面白い顔をしていますね~
c0256558_939222.jpg

オミナエシも大きくなってきました。
c0256558_9395287.jpg

センボンヤリは槍が開いていました。
c0256558_9422713.jpg

ロクオンソウはアリさんとデート中。
c0256558_9425137.jpg

サイヨウシャジンは涼しげです。ナガサキシャジンと、同じとか、違うとか・・・ わからんねえ・・・
c0256558_944669.jpg

そして今日の姫さまは、ノヒメユリ。毎年見るのに毎度、こんなに小さかったっけ? と思うのですよね。本当に小さけど、しっかりユリです。
c0256558_9455999.jpg

こちらのノヒメさんとは葯の色が違うけど、くたびれてきたらこの色?
c0256558_9464175.jpg

こうしてみると、秋は確実に近づいてきているようです。
[PR]

by yamasoyo | 2013-08-14 09:47 | 夏 6~8月

早朝登山

天気予報では、すごい暑さになる、熱中症注意、エアコンをつけろ、水分を補給しろ、紫外線対策を万全に、と呼びかけています。そうだよねえ~ こんな日に山登りなんかしたら倒れるよねえ・・・ でも早朝ならいいんじゃない? と言うことで、出かかることにしました。

途中にはノシランが咲いていました。
c0256558_13545998.jpg

初めてノシランを見たのは、真夏の陰影の激しい山道で無風の急坂を登っている時でした。目の目に現れたノシランは、真っ白な花を咲かせ、ちょっと不気味でした。その時の印象はずっと今まで残っています。でも、ここらでは、海の近くの低山で普通に見かけます。つまり、それまで真夏の低山に登ってなかったということなのでしょうねえ~
c0256558_13553875.jpg

登っていくと、ご近所の毎日登山の方に出会いました。「早朝に行かないとアブに追われるから」と。そうですよねえ~ さらにKさんとも遭遇。その時はわからなかったのですが、後でもしかして?と思ってメールしてわかりました。歩いている時は案外人の顔はみないですもんね。Kさんは訓練訓練と。

山頂は、今日もガス。
c0256558_13581784.jpg

20分ぐらい山頂でコーヒーを飲んでゆっくりしていると、だんだん開けてきました。風が吹き下界の暑さが嘘のような山頂でした。
c0256558_1359516.jpg

下山の道もなんかいいなあ~
c0256558_13593847.jpg

このお方はその時のために準備中。
c0256558_140528.jpg

ヒゴタイも咲いていました。お手植えとは思いますが、岩屋山はかって牧場だったということですので、生き残りかも。そう思いたい。笑
c0256558_1411285.jpg

ミゾソバも咲き始め、秋が近づいてきているようです。
c0256558_146092.jpg

[PR]

by yamasoyo | 2013-08-09 14:05 | 夏 6~8月

真夏の岩屋山

毎日 アチチの日です。家にいても汗がダラダラ流れます。そんな時、Uさんからメールが届きました。
それは「いつか歩いていた周回ルートを案内してほしい」というものでした。オ~!なんとこの真夏日に。涼しくなってからがいいですよ。マムシも虫もいっぱいですから。と伝えましたが、「半周でもいいからお願いします」と。う~ん、チャレンジャー!まあとにかく、お会いしてからルートは考えましょう と言うことにしました。

7時に集合して相談です。何度か岩屋山に来たことがあるUさんは、普通のルートじゃないところをご希望。でも、聞くと岩屋神社からの谷道を歩いたことがないかもしれないということでしたので、じゃあ~ と谷道ルートを登ることにしました。
最初は立ち寄ったことがないと言う鬼の岩屋にも行ってみました。
c0256558_20322169.jpg

そしてここにも。何を考えているのでしょう~
c0256558_2033444.jpg

さあ、谷道ですが、ここはメインルートではありますが、かなりの急登。無風で蒸し暑く、ゆっくり上りでもかなりつらい。瞬く間に汗みどろ。やっとこついた山頂はガスがかかり景色はあまり見えません。
c0256558_20362380.jpg

しかし、ガスがミストシャワーのようで、風もありでたちまち元気になりました。ハ~いい気持ち。キンバイザサも咲いていました。
c0256558_20404027.jpg

でも最初の登りでくたびれたので、予定は大幅に変更。Uさんの歩いたことがないところを選んで近回りすることにしました。しかし、このいつもの道がガスと日差しでとってもきれい。プレゼントでしたね~
c0256558_2041119.jpg

岩場からの景色を見たり~
c0256558_20414430.jpg

ヒオウギを見たり~
c0256558_2042863.jpg

スポットライトのあたっているイワタバコを見たり~
c0256558_2044954.jpg

と楽しみましたが、とっても暑い一日で11時には下山。やっぱり今度は涼しくなってから登りましょう。夏の低山は過酷です。笑




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]

by yamasoyo | 2013-08-03 20:47 | 夏 6~8月

久しぶりの岩屋山

梅雨の真っただ中ではありますが、今日は一日雨が降らない予報です。でも予報のようにピッカリの空ではないけどね。それでもぶらりと岩屋山に出かけることにしました。

梅雨に真っただ中なので、林道も登山道も濡れていて滑りやすいので、注意しながら歩きました。この花が咲いているとは全然思いもしなかったのですが、あれ~咲いてる~。時期だったんだねえ。とっても地味な花のコクラン。葉っぱだけ見たら立派なランに見えるけどねえ・・・
c0256558_18391.jpg

こちらでは珍しくはないけど、とっても色のきれいなねむの花。
c0256558_1841335.jpg

思いがけないところに咲いていたこの花は~
c0256558_1845053.jpg

フナバラソウ。これは先日も八郎山系で見たもんね。
c0256558_18530100.jpg

マンネングサも咲いています。
c0256558_1855721.jpg

エ~ この花・・・ もう終わりかけですが、匂いを嗅ぐとニラ!笑
c0256558_1864723.jpg

山頂ではいろんな蝶がランデブー。岩屋山の山頂は蝶の道になっているようです。これはツマグロヒョウモンさんのカップル。
c0256558_1874585.jpg

山頂は相変わらず賑わっていました。
c0256558_1883917.jpg

梅雨らしい空の下の長崎の街。
c0256558_1891430.jpg

テイカカズラの甘い香りに包まれた登山道でした。
定家蔓はキョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性常緑低木。有毒植物。
和名は、式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づく。
とありますから、見た目よりも情熱的というか念のこもった花なのですね。
c0256558_18121583.jpg

これからの低山は厳しいけど、チョイ登りならいいかもね~




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]

by yamasoyo | 2013-06-27 18:14 | 夏 6~8月